FC2ブログ

お役に立ちます セルフメディケーション

お医者さんにかかる前に、薬を買う前に、ちょっとした工夫や自己診断などのセルフケアで健康管理

難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)

吹出し(ご存知ですか) 

  レジスタントスターチ

  
 ってご存知ですか?


暖かいご飯が冷める時にできる成分がレジスタントスターチです。

難消化性でんぷん
ともいわれ、でんぷんが冷めて消化され難く変化したものです

冷たいおにぎりやお弁当は、健康によい

レジ2 レジ3

加熱されたでんぷんは、小腸に届くまでに消化・吸収されてしまうのですが、
消化されにくい構造に変化したでんぷんは、大腸まで運ばれ排出されます。


炊かれた暖かいご飯のでんぷんのうち、20%程度が、冷めていく過程で
レジスタントスターチに変化し、肥満の予防などさまざまな効果をもたらします。

でんぷんは、通常は固まった状態ですが、加熱すると結合が解かれます。
それが冷えると、一部が再び結合して、難消化性でんぷんに戻り、胃で消化
され難くなり、小腸で吸収されずに大腸まで届くようになります。

また、
難消化性であるということで、食物繊維と同じ働きをするためダイエット
効果などが期待できるので
す。

難消化性澱粉

「難消化性でんぷん」の働きが脂肪の蓄積を抑えます。

また、冷やご飯は、温かいご飯と比べて血糖値を上げにくいことがわかって
います。

これも、難消化性でんぷんの働きによるものです。

血糖値が上がるとすい臓からインスリンが分泌されます。
インスリンは脂肪を体にためこむホルモンです。

血糖値を上げにくい冷やご飯なら、インスリンの分泌も穏やかになり、過剰な
脂肪の蓄積が抑えられます。


冷たいおにぎりやお弁当のススメ

そんなワケで、冷たくて侘しいなどと言わず、健康やダイエットによい!と
自信を持って、積極的に召し上がってください。

ご注意!
まれに冷たいおにぎりやお弁当を食べると、胸焼けがしたり、胃がもたれたり
する方がいらしゃいます。
原因は、温かいご飯から変化した難消化性デンプン(レジスタントスターチ)に
よるものです。
また、いわゆる“早食い”の方々に、このような傾向がみられるようです。
おにぎりやお弁当は、急がず、ゆっくりと、よく噛んで召し上がって下さい。

≪TOPページ≫  ≪サイトマップ≫



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

管理薬剤師

Author:管理薬剤師
医薬品流通の管理薬剤師。 

安易に薬を飲む前に
お医者さんに診てもらう前に
ちょっとした工夫や、セルフケアで
自分で健康管理できるのに・・・

そう思ってこのサイトを開きました。

サイトマップ
スポンサード・リンク
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報